RUBIDA
世界でたった1つの輝き。RUBIDAジュエリーコレクション
jewel TSUCHIYA BRIDAL

RUBIDA concept

HOME > RUBIDA Concept

SRUBIDA Concept.世界でたった1つの輝き。息をのむほどの艶やかなきらめき。一点ものだけが持つ、眩しい存在感。RUBIDAジュエリーコレクション。

デザイン・製作について

ルビーダのデザインはまず、デザインを施す宝石をよく理解することから始まります。宝石の持つ特性、産地、歴史、採掘からの過程、そして稀少性など。それら全てをふまえた美しさ。その美しさから受けたインスピレーションをもとにお客様のお顔を思い浮かべながらデザインしていきます。美しい宝石をさらに美しく、感受性と創造性によって、ルビーダのデザインは完成します。

そしてデザインされた宝石は、高い技術を持つ職人の手により一点ずつ丁寧に手作りされます。全てのパーツを板状のプラチナやゴールドから作り上げ、時間をかけて枠を仕上げます。この枠にメインストーンをセッティングする瞬間は、非常に緊張する一瞬です。ルース(裸石)の状態でも充分美しい宝石がジュエリーとなったとき、その美しさはたとえようがありません。稀少価値の高い宝石が、RUBIDA ジュエリーとして生まれる瞬間です。手作りで丁寧に仕上げられるジュエリーの指通りは、まるで絹のような肌触りと着け心地をお楽しみいただけます。

デザインについて

買い付けについて

img02

自分の目で宝石を見極め、判断し買い付ける。あたり前のようですが、近年日本にはこうしたバイヤーがいるお店が少ないのが現状です。「RUBIDA ジュエリーコレクション」は世界中からあらゆる宝石が集まる、タイのバンコクよりルース(裸石)状態で厳選し、直輸入しています。バンコクは、東南アジア一帯で産出される宝石が取引される場所です。また、ヨーロッパのブランド宝飾店の加工を手がける工房が多数あるため、世界中からあらゆる宝石が集まります。

しかし、その全てが良質なものとは限りません。実はその90%以上はインクルージョン(内包物)が強く、除きたくなる品質です。わずかな良質の宝石を手に入れるために、品質の良くない宝石も大量に買わなければならない、これが通常の宝石買い付けの現状です。

しかし、ジュエルツチヤのバイヤーには良質な宝石だけを選別して買い付けすることが許されています。30年以上にわたり信頼関係を築いてきた証です。また、紫外線の多いタイ特有の「日本より綺麗に見えてしまう色の見極め」も、経験と直感力によるバイヤーの力の重要な要素です。

アフターサービスについて

ジュエルツチヤのジュエリーは、サイズ直し・新品仕上げ・修理や調整等、無償にて
永遠保証。

貴金属装身具製作検定一級技能士の資格を持つ、熟練した専属の職人がケアを行います。メンテナンスを行う工芸室は、本社ショールームに併設されていますので、お持ちいただいた場合にはその場で修理、お持ち帰りいただくことが出来ます。

新品仕上げは宝石部分の洗浄と貴金属部分の磨きを行い、同時に宝石を留めている爪のかかり具合や、ネックレス金具の強度もチェックしていきます。パールネックレスの場合は3年ほどで中糸を交換し、洗浄いたします。リングであればお指の状態に合わせた微調整にて仕上げを致します。サイズが合わなくなっても、その都度お直しして末永くジュエリーを楽しんでいただきたい。これがジュエルツチヤの想いであり、宝石商としての責任だと思っております。ぜひご安心くださいませ。

img03

scrollTop